媚薬アナル痴姦 アクメ立ち失禁


人気のない場所で一人で立っていると、お尻に何かが当たる感触がした。恐る恐る振り向くとそこには手を伸ばす一つの影。恐怖で強く抵抗できずにいると、そのままお尻を開かれアナルに何かの液体を吹きかけられてしまった。すると何故かアナルが熱くなり、先程までは不快だった手の感触が段々と快感に変わっていく。アナルに指を突っ込まれ動かされるとより一層激しい快感が彼女達を襲う。思わず漏れる喘ぎ声。快感は、もう爆発寸前。そしてついにアクメに達しビクビクと腰を震わせる。立っている女性の股間から大量の尿が噴射され、滝のように足を伝い流れていくのであった。

タイトルとURLをコピーしました