実録・面接に来た女に下剤を飲ませ排泄姿を覗いた上、 ウンコを採取してみた。7


久しく、この手の危険な作品からは遠ざかっていた。しかし、準備を整え、いくつものエクスキューズを用意することで、今回の「企画」を再始動することが出来た。本作は、パンツの撮影と言って集めた女達にこっそりと下剤を飲ませることから始まる。時間をかけて、「恥ずかしさとは何か」という便に関する質問をぶつけ、それから便意をもよおしたらしかけのある和式トイレに誘導する。その和式トイレ、当然カメラもあるしマジックミラーもついてるし、さらに、流したはずの便を採取できるという大変態仕様。「おしっこだけ」か確認してからトイレに行き、大便までした女達。突然目の前に出される「先ほどこっそりしたウンコ」に驚愕。果たして、皆、どんなリアクションを取るのか。

美魔女のお姉様。華奢な体つきとは裏腹に、思い切り突き出た肛門よりゴリゴリの宿便を力強く放り出す様は圧巻!いきなり目の前に出された大便に「(あらゆるものと比較し)圧倒的に恥ずかしい」

ウブな眼鏡っ娘。大人しそうな見た目だが、便器に跨ると見事な放物線を描いた放尿に続き、下痢便をネリネリ排出させる。水に順応してしまい細かい未消化物と化してしまったが、排泄量は多い。

切れ長の目をした純和風女子。非常に落ち着いた喋り口調からは想像できない程、獣のような荒々しい息遣いで排便する。臨場感たっぷりで見応え充分。おりものを垂らしながら残便排出に再度息む。

気が強そうなお姉さん。「ブッ!ブリュリュ~!」と威勢のいい放屁をかます。一度排泄を終えるが、再びしゃがみ直しては水っぽいおならをする。便を突き出されたことが相当恥ずかしかったよう

タイトルとURLをコピーしました