膀胱観察15 限界立ちション編 排泄実験観察シリーズ35


女性は曲線で出来ているとは良く言ったもので、おしっこを我慢している女性というのは、膀胱がふくらみ、なおさら曲線が際立っている。本作はそのお腹のふくらみが、放尿時にどのように凹んでいくのかを観察する。
今回の膀胱観察はタレント揃い!我慢、受け答え、尿の太さ、ビジュアル。どれを取ってもハイレヴェルな女の子が集まった。立ちションに猛烈な羞恥を感じる子はもちろんのこと、開始前に少しちびっている子、我慢中におしっことは別の液体を垂らしてしまう子など見所盛り沢山。放出されたおしっこも、ビュッと一筋に飛ぶ子、ブワッと広角に広がる子とバリエーション豊か。
女体のフェチ感を、おしっこと共に。

かな。強まる尿意でもじもじソワソワ。次第にしっかり立っていられなくなり、ピンと背筋を伸ばすとそのまま放出してしまった。細身の肢体からまるっと浮き出た膀胱がみるみるへこんでいく。

まひろ。インタビュー時点で既にちびっているし、我慢中にイケない液体を垂らすし、超エロい。縦に広がる尿はもはや滝のよう。

れみ。おしとやかな大人の女性が「もうほんと出したい」とはしたなく連呼。平静を装っているが、羞恥を全然隠しきれてない。

美女のありさ。開幕から「早くおしっこしたい、出していい?」と騒いでいたが、いざ放尿すると今度は羞恥でいっぱいに。自分の痴態をかみしめ照れ笑い。おしっこはやや右逸れ。

タイトルとURLをコピーしました