下品な音を響かせて11 うんことおならのアンサンブル


ただでさえ、人に見せない。人に聞かせない。聞かせてはいけない。なんならおならなんかしませんよ、とばかりに生きてきた女達にとって、恥ずかしい、【屁】。さらに、人に見せるものではない、見せたくない小便を垂らす姿、脱糞姿をも晒してくれる。しかもとんでもなく恥ずかしい姿勢で。「今まで生きてきた中で、一番恥ずかしい瞬間だった」と女達に言わしめる、その内容は実にマニアックでフェティッシュ。屁をひり、撮られることに興奮してくる女達の、熱い吐息。また屁、屁、屁。そして噴き出す小便。やがて肛門が盛り上がり、茶色い塊が、孔からにじり出る官能。屁をこいて、糞を垂れる。下品な音と、歓喜の吐息が響き渡り、女達は、絶頂を迎えるのだった。

素朴な娘は、便座型の椅子に腰を下ろし眉間に皺を寄せると、囁くような屁を放つ。カメラに尻を突き出しながら正座をすると…。おならの度に尻を突き上げながら「ブッ、プップゥ~~」

滝〇カ〇ン似。眼鏡をかけた赤毛の美人ハーフは、綺麗なピーナッツ型をした尻を突き出し、存在感のある重低音の屁を放つ。喘ぎを伴った淫らな吐息とのギャップが見事なアンサンブルを奏でる

芦〇愛〇似。ミディアムヘアの色白娘のアナルは、淡いピンク色。噴水のような聖水による特大シュプールと、全開のアナルより出づる極太便の同時噴射はまさにスペクタクル。湿った放屁に追い糞も

小動物系の美女は、愛らしい声からは一線を画す野太い屁を放つ。小ぶりの尻を目いっぱい突き出しては、一屁入魂の如く菊門に力を込め、聖水を浴びたアナルから湿り気を纏った轟音が放たれる

タイトルとURLをコピーしました