直立脱糞5 排泄実験観察シリーズ36


立姿勢でうんこをする女性達を、余すところなく観察してみようという作品なのだが、内容に暢気さは一切なくとんでもなくフェティッシュ&過酷な物が出来上がった!まずはうんこについてのヒアリングからスタート。直立姿勢を取っていざ「脱糞」!スレンダー美女の便意全開しっぽ糞に始まり、美女のさつまいも大の極太ううんがボトリボト。尻の肉を掻き分け、ヌオオと出てくるうんこが、時には足をつたい、時には後ろに吹き出しながらも重力に引き寄せられてボタリと落ちる。おしっこもジョバアアと前に噴出したり、足に伝わりジョボボと落ちたり…!1名自然便、3名浣腸。最初と最後が大当たりの豊作の回となりました!

うらら。170cmのスレンダー美女。ウンチを宣言してものの10秒足らずで巨大な便を生み落とす快便ぶり。その後もニュルニュルと軟便を積み重ねる。太さの直径約4cmと異次元の大きさだ

みゆき。素朴な淑女。昨晩食べたという揚げ物と豚の角煮の影響が作用したか!?出された大便はやはり緩めだった。肛門より拭いた紙を見られる事の方が恥ずかしかった模様。

はるか。茶目っ気たっぷりにインタビューに答えた後、薬液を注入すると約12分間も我慢。量はまずまずだが、破裂音を伴った水っぽい放屁を苦悶の表情で出す様は見応え十分。

みさき。アイドル級の美女。尻肉に皺が刻まれる程、括約筋を使った我慢で限界まで便意に耐える。そんな小ぶりの尻肉をニチニチと掻き分けながら極太の便を放り出しあまりの臭いに思わず赤面

タイトルとURLをコピーしました