自撮り THE・限界放尿7


【限界放尿が見たい!】 そのリクエストにお答えすべく制作した、排尿追求作品。女の子たちには 「限界がきたらおしっこして良い」 とだけ伝え、自分の膀胱と向き合う機会を設ける。皆、既にギリギリの状態で撮影に挑んでおり、さらに便器が目の前にあるものだからもう落ち着かない。ガマンの末の放尿はどれも一級品の勢いがあり、空を切って便器とかち合う際に、心地のよい音を奏でている。おしっこの量を計るため計量器に移し替えてもらうが、その際の反応も個性が出て面白い。
苛烈なギミックを盛り込んだ 「全力我慢」 とは対照的な、シンプルな作りの本作。三点の局部アップカメラによる 【多角的放尿】 をご堪能あれ。スーパースロー有。

萌え声お姉さんのみずほ。もじもじとその場で狼狽えていたが、質問の途中でセットにまたがりフライング放尿。ジョロジョロと尿が出続ける間、ぐっぽり飛び出したアナルが露わに。

お淑やか娘のほのか。ムッチムチの下半身に思わず釘付け。座ったり立ち上がったりしてソワソワと我慢したのち、ジョバっと放尿を開始した。圧迫感のあるふとももから目が離せない。

はるか。立ったままソワソワと我慢し、便器にまたがってもギリギリまで股を押さえて我慢を続ける。「はあ…」と大きなため息とともに、ショロショロと放出された聖水は650ccを計測した。

ハデめ嬢のくるみ。インタビューを後回しにしてすぐに便器へ。またがると同時に、拡散するおしっこが勢いよく噴出。長~い屁をこくと、終わりかけのおしっこがまた勢いを取り戻し800ccに到達!

タイトルとURLをコピーしました