女子便所管理官のお仕事 女子校編


本映像は昨今学校や企業において需要が急激に高まってる「女子便所管理官(以下女便管)」の業務を円滑に遂行することを目的とした資料映像である。一人あたりが比較的長く便所を占有する傾向が多い女子便所での回転率の向上、便秘率の高い女性への改善指導や浣腸補助、エコに配慮した使用紙量の管理、その他便所に関するあらゆる相談への対応等、女便管として必須のスキルを培うため実際の現場での対応を収録し、関係各所の特別な許可を得て公開するものである。【小便の申告について:3場面収録】女性は比較的小便の我慢ができない傾向にあり、少量であっても本人としては我慢した結果であることが多い。個々人に配慮し、安易な我慢をアドバイスすることは避けなければいけない。また本資料映像においては、小便のみの申告にも関わらず下痢便を放出してしまった違反シーンも収録している。違反については対応の仕方が未だ議論の分かれるところであるが、速やかな声掛けにより大事にいたらなかった貴重な案件として参考になれば幸いである。【大便の申告について:3場面収録】軽度のものを含めると実に3割以上の女性が便秘に悩まされている。女便管としては医療行為に抵触しない範囲での的確な浣腸の補助・利用方法の指導を行い、支障のない排便を促すことが求められる。本資料映像では浣腸ならびに正しい我慢時間についても参考映像を収録した。【自慰行為の申告について:1場面収録】自慰行為についても生理現象であることをよく理解し、申告者に配慮すべきである。また女性の自慰行為について偏った知識により不必要な長時間を配分するケースが多々みられるが一般的に他者に見せることを目的としない自慰行為においての必要時間は、男性のそれと変わらないことが多いことに留意されたし。誤った性知識による自慰行為ではないかどうかをしっかりと視認する必要がある。その際見られていることを自覚し平時より強い性的興奮を得る女性も多くいることから、この点においても女便管の貢献があると言える。今後の課題としては女性に多く見られる拭きが甘い点への指導や、目視での眼前監視などを改善点として考慮していきたい。多くの女便管の業務に役立てば幸いである。

タイトルとURLをコピーしました