女学生 利尿剤混入集団説教お漏らし


女子が好きで学生服に対しての異常愛が執着が冷めやまない男性教諭。愛しくてやまないが故に、ありとあらゆる所に隠しカメラを設置し女学生たちを常時監視し愉しんでいる。この男性教諭、大のおしっこ好きでもあった。女生徒が尿を我慢している姿を見たい。その一心で担任してる女生徒たちに利尿剤を盛りまくる。体内に入れた女生徒たちはいつもの元気一杯な姿から一転し、表情が歪み、体をくねらせ、トイレへ行きたくなる、そんな切望を男性教諭は受け入れるわけがない、あろうことか普段の学校生活の態度を今だと言わんばかりに説教するべく女生徒を呼びつける。説教中にグングンと込み上げてくる尿意の猛威は彼女たちの膀胱を刺すような刺激をし続け、彼女たちに先生の説教などはもう耳へ入らず、ただひたすら謝りトイレに行きたいと懇願する。その悲痛な願いも束の間、彼女たちの膀胱は限界を迎え尿が堰を切ったように溢れ出てきてしまう。ひとりまたひとりと限界を迎えるその女生徒の姿に男性教諭は悦に入り、滴り落ちる尿意を眼に焼き付け、カメラに記録を残す。男性教諭が残した記録を皆さまとくとご賞味ください。

タイトルとURLをコピーしました