実録・面接に来た女に下剤を飲ませ排泄姿を覗いた上、 ウンコを採取してみた。6


久しく、この手の危険な作品からは遠ざかっていた。しかし、準備を整え、いくつものエクスキューズを用意することで、今回の「企画」を再始動することが出来た。本作は、パンツの撮影と言って集めた女達にこっそりと下剤を飲ませることから始まる。時間をかけて、「恥ずかしさとは何か」という便に関する質問をぶつけ、それから便意をもよおしたらしかけのある和式トイレに誘導する。その和式トイレ、当然カメラもあるしマジックミラーもついてるし、さらに、流したはずの便を採取できるという大変態仕様。「おしっこだけ」か確認してからトイレに行き、大便までした女達。突然目の前に出される「先ほどこっそりしたウンコ」に驚愕。果たして、皆、どんなリアクションを取るのか。

清楚なお姉さんは、和式便器へしゃがみ込んでは前髪を気にする傍らニュルルと軟便を放出する。「ブリュリュ…」とおならに続いて第二波、第三波に見舞われ、最後は完全に下してしまう。

お上品な所作の女性は、先程までの優雅な雰囲気は何処へやら!?エッサッサポーズで拳を握りしめながら、宿便を捻り出してゆく。丁寧に拭き清めるシーンも必見。排泄物を突きつけられ固まる。

優しい目をしたお姉さんは、排便開始すぐ重低音の放屁をかましては、勢いあるおしっこと一緒にこんもりと軟便をたれる。大便の拭き残しを指摘され「屈辱的…」と項垂れながら紅潮。

スレンダーな長身美女。便器に辿り着く前に漏らしてしまう程、極限状態でトイレへ…。その死闘の跡はシミとして、くっきりと洋服に刻まれている。自身が出した大量の下痢便を前に震える。

タイトルとURLをコピーしました